あなたの街の介護用品などをご紹介する総合サイト

介護用品貸出ネット

介護度について

・要支援1・要支援2

社会的に支援が必要な状態
(排泄や食事は自力で行えるが、立ち上がりや歩行などに支えが必要となる等)

・要介護1

部分的に介護を要する状態
(立ち上がりや歩行が不安定で一部介助が必要、排泄や入浴に一部介助が必要、問題行動や理解低下がみられることがある等)

・要介護2

軽度の介護を要する状態
(立ち上がりや歩行が自力でできない場合がある、排泄入浴などに一部または全介助が必要、問題行動や理解低下がみられることがある等)

・要介護3

中等度の介護を要する状態
(立ち上がりや歩行が自力ではできない、排泄・入浴・衣服の着脱などに全介助が必要、問題行動や理解低下がいくつか見られること等)

・要介護4

重度の介護を要する状態
(排泄・入浴・衣服の着脱など日常生活の殆どに介助を必要とする、多くの問題行動や理解の低下がみられることがある等)

・要介護5

最重度の介護を要する状態
(排泄・衣服の着脱・食事など生活全般に介助を必要とする、多くの問題行動や理解の低下が見られることがある等)

・非該当

支援や介護が必要であるとは認められない

【介護認定の手続き】

①市区町村に要支援・要介護認定調査を依頼
②認定調査員がお宅に訪問し認定調査
(市町村職員または委託を受けたケアマネジャー)
認定調査では入浴・排泄・食事等の介護、洗濯・掃除等の家事援助等の必要性、徘徊、不潔な行為等の有無、歩行訓練・日常生活訓練・輸液管理・じょく瘡(床ずれ)の処置等の診療補助の必要性の有無等、74項目を確認します。調査の日には家族等が立ち会い、認知症などの場合は日ごろの様子をメモしておいて伝えます。
③一次判定
認定調査の項目結果を元にあらかじめ厚生労働省から配布されているコンピューターの要介護認定第一次判定ソフトに入力され、「一次判定書」が作られます。
④認定審査会
医療・保健・福祉・学識者による審査会
⑤二次判定
二次判定では主治医に医療的な意見書を提出してもらい、一次判定書と合わせ認定審査会によって判定します。
⑥介護度認定
結果を受けて市区町村が要介護の結果を認定し、申請者に通知・介護保険証に要介護認定結果を記し郵送されます。

今すぐ介護用品を探す

おすすめの介護用品店などをPICK UP!!

おすすめの介護用品店などを「介護用品貸出ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード