あなたの街の介護用品などをご紹介する総合サイト

介護用品貸出ネット

介護用品の種類

介護用品は、正式には介護予防福祉用具または福祉用具と呼ばれ、レンタルと購入があります。

・レンタル(介護予防福祉用具・福祉用具貸与)

介護保険制度で、介護予防福祉用具・福祉用具貸与は保険給付の対象となっています。
1. 車いす
2. 車いす付属品(クッション、補助装置など)
3. 介護ベッド(特殊寝台)
4. 介護ベッド付属品(マットレス、サイドレールなど)
5. 床ずれ予防用具
6. 体位変換用具
7. 手すり
8. スロープ(工事を伴わないもの)
9. 歩行器
10.歩行補助つえ
11.認知症老人徘徊感知器
12.移動用リフト(つり具を除く)
※利用者の負担は1割ですが、用具やレンタル事業所により料金が異なります。
※レンタルを希望する場合、福祉用具専門相続員・理学療法士・作業療法士などの専門家に相談をおすすめします。
※要支援1、2・要介護1の方は上記の2. 3. 5. 6. 11. 12.は対象外となります。
(但、専門家が必要と判断した場合、給付の対象となる場合があります。)

・購入(特定福祉用具販売)

入浴・排泄などに使用する福祉用具を購入した場合10万円を上限として福祉用具購入費が支給されます。

福祉用具購入対象品

・腰掛便座
・特殊尿器
・入浴補助用具
①入浴用いす(シャワーチェア・シャワーキャリー)
②浴槽内いす(浴槽台 ※浴槽内に座ったり、出入りする際の台座などに使用できます。)
・簡易浴槽(居室で入浴できるポータブル浴槽)
・移動用リフトのつり具の部分
(入浴時の移動やベッド移乗などに使用するリフト本体に取り付けて使用する部分です。リフト本体は福祉用具レンタル対象品となります。)

今すぐ介護用品を探す

おすすめの介護用品店などをPICK UP!!

おすすめの介護用品店などを「介護用品貸出ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード